トヨタ ヴェルファイア査定額アップ術

車売る2015速報best.club > > トヨタ ヴェルファイア査定額アップ術

トヨタ ヴェルファイア査定額アップ術

~トヨタ ヴェルファイアの参考査定相場について~

トヨタ ヴェルファイアの査定相場を口コミから調査しました。トヨタ ヴェルファイアの買取・下取り・査定実績は下記の口コミ(5件)をご覧ください。

査定体験者: 60代Hさん
○査定時期:2010/12/01  ○年式:2010年(平成22年)
○グレード:2.4Z"プラチナセレクションII"_7人乗り_FF(CVT_2.4)  ○走行距離:~5,000 km
○見積もり会社数:6社
○査定地域:和歌山県
○査定額:万円
○査定体験者のコメント:一度の入力で複数の買取業者に査定依頼できるのが便利です。近くにある買取業者でも知らなかったので、多くの業者に査定をしてもらうことができうまく価格交渉できたと思います。

⇒60代Hさんが使った「カーセンサー.net簡単ネット査定」で無料で一括見積してみる。


査定体験者: 60代Dさん
○査定時期:2011/07/01  ○年式:2010年(平成22年)
○グレード:2.4Z 8人乗  ○走行距離:5,001~10,000 km
○見積もり会社数:6社
○査定地域:石川県
○査定額:万円
○査定体験者のコメント:家計が苦しく、車を手放しました。数か月分の生活費の足しになり助かっています。できるだけ高く売れたと思います。

⇒60代Dさんが使った「かんたん車査定ガイド」で無料で一括見積してみる。


査定体験者: 40代Cさん
○査定時期:2011/07/01  ○年式:2010年(平成22年)
○グレード:2.4Zプラチナセレクション FF  ○走行距離:~5,000 km
○見積もり会社数:3社
○査定地域:埼玉県
○査定額:万円
○査定体験者のコメント:家計が苦しく、車を手放しました。数か月分の生活費の足しになり助かっています。できるだけ高く売れたと思います。

⇒40代Cさんが使った「かんたん車査定ガイド」で無料で一括見積してみる。


査定体験者: 60代Dさん
○査定時期:2011/07/01  ○年式:2008年(平成20年)
○グレード:3.5V"Lエディション"_7人乗り_FF(AT_3.5)  ○走行距離:25,001~30,000 km
○見積もり会社数:2社
○査定地域:埼玉県
○査定額:万円
○査定体験者のコメント:査定依頼する車の情報を書き込むところが少ないので実際に実車を査定する際、見積額がぶれる事があるので注意が必要。唯一勧誘が一切無く、WEBで査定された価格でそのまま買取してくれるのは、「かんたん車査定ガイド」だそうです。サイトを見たところ、少し入力項目が多い(おそらく買取価格になるからでしょう)ですが、次回使ってみようと思います。

⇒60代Dさんが使った「ズバット車買取比較」で無料で一括見積してみる。


査定体験者: 50代Cさん
○査定時期:2011/07/01  ○年式:2008年(平成20年)
○グレード:不明  ○走行距離:5,001~10,000 km
○見積もり会社数:5社
○査定地域:愛知県
○査定額:万円
○査定体験者のコメント:もう少し他の一括見積サイトからも見積もりを取れば、もっと高く売れたかな・・・。

⇒50代Cさんが使った「かんたん車査定ガイド」で無料で一括見積してみる。


上記の口コミでトヨタ ヴェルファイアの高額査定実績のある一括査定サイトには必須で査定依頼(無料)することをお勧めします。
なお、車のキズや年式、走行距離など様々な要因で査定金額は変わるため、上記の口コミ情報はあくまで参考情報です。あなたのトヨタ ヴェルファイアが同金額程度で売れるというわけではありませんが、ある程度の目安にはなると思います。大きく異なる金額となった場合でも当サイトは責任は負いません。複数の業者から見積もりを取得することで何十万も査定額が変わります。もしも今すぐ売るつもりがなくても、あなたやあなたの家族の車の資産価値を知る意味でも、一括査定サイトで無料査定を受けてみることをお勧めます。特に高齢の方の車の資産は相続などに影響するため、早めに査定額を知っておいた方が良いです。



車を売る前に借金がある方は、借金シミュレーターで無料診断をしてみましょう。

ローンの支払シミュレーターで無料診断




ズバット車買取(公式サイトへ)
言わずと知れた車一括買取No1のサイトです。有名な車買取店を豊富に抑えているので登録必須です。

かんたん査定ガイド(公式サイトへ)
ズバット車買取でカバーされない車買取店をカバーしています。是非一緒に登録しておきましょう。

トラック王国(公式サイトへ)
大型車、重機などトラック系の車種を売るならここがベストです。

カーセンサー.net簡単ネット査定(公式サイトへ)
最後の一押し、あと少しだけ高く売りたい!という時に抑えておいて損はないです。

【その他必見の無料サービス】
①自動車保険
何も考えず継続しがちな自動車保険ですが、無料の一括見積を取得し比較すると結構安くなるものです。是非お試しください。代表的な以下の2つの一括見積サイトに登録すれば最安値が見つかります。
【無料】自動車保険一括見積もり/インズウェブ

【無料】自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」

②車検
家の近くの決まったところに車検に出していませんか?実は車検代も大きく削減できるポイントです。全国対応している以下の2つのサイトから車検の見積もりを取得し比較してみましょう。見積もりは無料です。
ホリデー車検(車検予約)

全国対応『お宝車検.com』

③中古車販売
車を買い替える時に、意外と安くて新品並みの中古車もあることを忘れていませんか?以下2つの最大規模の中古車検索サービスで中古車を探してみましょう。
【無料】ズバット車販売

【無料】なびくる 中古車お探しサービス

④借金返済
車のローンや住宅ローン、キャッシングの返済などの過払い金の返済などを手助けしてくれる無料の借金シミュレーターで借金を減らしましょう。
【無料】借金シミュレーター

⑤浮気調査
あなたの奥様、旦那様、彼氏、彼女の浮気は本当に大丈夫ですか?一度、無料の浮気診断をしてみましょう。>
【無料】浮気診断シュミレーター

~トヨタ ヴェルファイアの自動車保険の参考料金について~
あなたのトヨタ ヴェルファイアの自動車保険をいくら払っているか覚えていますか?購入時にあまり比較検討せずに自動車保険に入ってそのまま継続していると実は大損していることがほとんどです。自動車保険各社は毎年新しい魅力的なプランを出しています。必ず定期的に自動車保険の一括見積を行い最適な自動車保険に加入するのが賢い選択です。あくまで参考でトヨタ ヴェルファイアの自動車保険の相場を参考で載せておきますので、あなたの自動車保険料と比べてみてください。

参考自動車保険料車種の詳細:トヨタ:ヴェルファイア3.5 V プレミアムシートエディション
ほぼ同じ車種:3.5 V プレミアムシートエディション、3.5 V プレミアムシートエディション 4WD、3.5 Z ゴールデンアイズ、3.5 Z ゴールデンアイズ 4WD、2.4 Z ゴールデンアイズ、2.4 Z ゴールデンアイズ 4WD、3.5 Z G's、2.4 Z G's、2.4 Z ウェルキャブ フレンドマチック取付用専用車、2.4 X ウェルキャブ フレンドマチック取付用専用車、2.4 Z ウェルキャブ フレンドマチック取付用専用車 4WD、2.4 X ウェルキャブ フレンドマチック取付用専用車 4WD、3.5 Z Gエディション、3.5 Z、3.5 V Lエディション、3.5 V、3.5 V サイドリフトアップシート装着車、3.5 Z Gエディション 4WD、3.5 Z 4WD、3.5 V Lエディション 4WD、3.5 V 4WD、3.5 V サイドリフトアップシート装着車 4WD、2.4 Z Gエディション、2.4 Z、2.4 Z サイドリフトアップシート装着車、2.4 V、2.4 V サイドリフトアップシート装着車、2.4 X、2.4 X サイドリフトアップシート装着車、2.4 Z Gエディション 4WD、2.4 Z 4WD、2.4 Z サイドリフトアップシート装着車 4WD、2.4 V 4WD、2.4 V サイドリフトアップシート装着車 4WD、2.4 X 4WD、2.4 X サイドリフトアップシート装着車 4WD、2.4 Z ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車、2.4 X ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車、2.4 Z ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 4WD、2.4 X ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 4WD、3.5 V ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式、2.4 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式、2.4 X ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式、3.5 V ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式 4WD、2.4 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式 4WD、2.4 X ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式 4WD、3.5 V ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式、2.4 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式、2.4 X ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式、3.5 V ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式 4WD、2.4 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式 4WD、2.4 X ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式 4WD、3.5 V ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプI、2.4 Z ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプI、2.4 X ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプI、2.4 V ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプII、2.4 Z ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプII、2.4 X ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプII、3.5 ロイヤルラウンジ、3.5 ロイヤルラウンジ 4WD、3.5 ロイヤルラウンジLE、3.5 ロイヤルラウンジLE 4WD、3.5 Z プラチナセレクションII タイプゴールドII、3.5 Z プラチナセレクションII タイプゴールドII 4WD、2.4 Z プラチナセレクションII タイプゴールドII、2.4 Z プラチナセレクションII タイプゴールドII 4WD、3.5 Z プラチナセレクションII タイプゴールド、3.5 Z プラチナセレクションII タイプゴールド 4WD、2.4 Z プラチナセレクションII タイプゴールド、2.4 Z プラチナセレクションII タイプゴールド 4WD、2.4 Z プラチナセレクションII、2.4 Z プラチナセレクションII 4WD、3.5 Z プラチナセレクションII、3.5 Z プラチナセレクションII 4WD、2.4 Z プラチナセレクション、2.4 Z プラチナセレクション 4WD、3.5 Z プラチナセレクション、3.5 Z プラチナセレクション 4WD、2.4 V ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車、2.4 V ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 4WD、2.4 V ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプI、3.5 V ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車、3.5 V ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 4WD、3.5 V ウェルキャブ 車いす仕様車 スロープタイプII、3.5 X、3.5 X 4WD、3.5 Z サイドリフトアップシート装着車、3.5 Z サイドリフトアップシート装着車 4WD、3.5 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式、3.5 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 手動式 4WD、3.5 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式、3.5 Z ウェルキャブ サイドリフトアップシート車 脱着タイプ 電動式 4WD、3.5 Z ゴールデンアイズII、3.5 Z ゴールデンアイズII 4WD、2.4 Z ゴールデンアイズII、2.4 Z ゴールデンアイズII 4WD

自動車保険安値(参考):104200円
自動車保険安値条件:用途:主に家庭用
走行距離:3000km以下
運転者限定の有無:限定無し
対物賠償:無制限
人身傷害搭乗中:3000万円
車両保険:なし
自損事故保険:1,500万円
無保険車傷害:2億円

>>今のあなたのトヨタ ヴェルファイアの保険料が、【104200円】よりも高い場合は、以下の自動車保険の代表的な一括見積サイトに無料で見積もり依頼し最安値を引き出してみましょう。最安値を引き出すためには、必ず両方に見積もり依頼する必要があります。

・「自動車保険一括見積もり/インズウェブ

・「保険スクエアbang!

※※本サイトの全ての金額はあくまでご参考で保障するものではありません。

~トヨタ ヴェルファイアの車検の参考費用について~
車検費用参考例
ボディタイプ:ミニバン
最高出力(馬力):280
全長×全幅×全高(mm):4,865x1,840x1,900
駆動方式:FF
排気量(cc):3,456cc
乗車定員:7
重量税:50,000円
自賠責保険:24,950円
検査手数料:1,800円

車検参考費用合計:76,750円
>>あなたのトヨタ ヴェルファイアの車検費用が【76,750円】より高い場合は、全国対応の以下の2つのサイトへ車検の見積もり依頼をしてください。

・「ホリデー車検

・「お宝車検.com

※本サイトの全ての金額はあくまでご参考で保障するものではありません。

~トヨタ ヴェルファイアについて~
力強い外観の"フラッグシップミニバン"トヨタのフラッグシップミニバン、アルファードの兄弟モデル。横の流れを強調した造形と2段積みヘッドライトのフロントマスクが、特徴的な押し出しの強い外観をもつ。さらにエアロパーツや専用リアパネルなどを装着、より力強い外観のZも用意する。全高を低く抑えながらも低フロア化により広く高い室内は、"究極のおもてなし"を目指し快適な空間を創出した。快適さを追求したシートをはじめとした室内装備や、高級車らしい静粛性にまでこだわられている。特に上級仕様の2列目エグゼクティブパワーシートはオットマンや大型ヘッドレストなどを装備し、前後80cmもスライドできる超快適仕様。LED間接照明なども室内を演出する。(2008.5)